気になる費用は前もってチェック【二重整形に関する知識】

代表的な手術方法

目元

向く方法は人それぞれ

二重整形の種類は主に切らない術法の埋没法と、切る術法の切開法の2種類です。埋没法はクリニックごとに色々な術法が考えられていますが、二重を作りたいところに糸を通して結ぶことでラインを作る原理は同じです。そして、その整形方法を大別すると瞼板法と挙筋法になります。糸を通すところが瞼板の瞼板法は、眼球に最も近い位置で糸を結ぶため、安全性が高いのは挙筋法といわれています。ただし、挙筋法よりもダウンタイムが短く、眼瞼下垂になる可能性が低く、術後の後戻りも少ないのがメリットです。勧められる術法は医師の見解によって異なるので、カウンセリングで説明を受けて納得してから手術を受けましょう。なお、瞼板法と挙筋法の費用に違いはほとんどなく、違いは糸を留める箇所によるものです。1点留めから5点留めくらいまで見られますが、多くのクリニックでは2点留めや3点留めが基本です。基本的に埋没法は、糸が外れてしまうと元のまぶたに戻ってしまいます。半永久的な二重が欲しい場合は、切開法が適当です。切開法を大別すると、ラインが欲しいところを全て切開して縫合する全切開と、部分的に切開するミニ切開の2種類になります。メスを入れた際に余分な脂肪や皮膚などを取り除けるので、すっきりとした仕上がりです。埋没法でもメスを入れて脂肪を取り除くことも可能ですが、そうするとダウンタイムが長くなるので注意が必要です。また、二重の幅を並行にしたい場合には、目頭切開という整形が行われます。目頭切開も含めて、全切開とミニ切開で費用に違いはほとんどありません。目の整形は、一重の人だけでなく、奥二重の人やまぶたのたるみが気になる人も受けています。まぶたの脂肪が多い場合は、埋没法だと持ちが悪くなる傾向にあるため、切開法が向いているとされます。特に一重の人はまぶたに脂肪が多めに付いていることが多いので、切開時に脂肪を除去できる切開法が適当です。切開法は埋没法より高額でダウンタイムが長いですが、何回も埋没法を受ける可能性が高いなら、初めから切開法にしたほうが費用を抑えられる場合があります。奥二重の人も脂肪が多ければ切開法が適しますが、そうでなければ埋没法でもいいでしょう。一重の人と違い、ラインを新たに作るのではなく、元々のラインを幅広に調整するという方法を取るのが一般的です。また、出来上がりの違和感も少ないです。切開法より安い費用で受けられることと、上手くいけば糸が外れてしまった後も元に戻らない可能性があるということで、埋没法を選ぶ人が多くなっています。そして、まぶたのたるみが気になる場合は、埋没法で二重の幅を広げることで解消できる可能性があります。しかし、まぶたが視界を遮るほどたるみがひどくなっている場合は、埋没法では間に合いません。確実なのは切開法です。脂肪が溜まっている可能性が高いので切開時に余分な脂肪を除去、さらに余分な皮膚も切り落とし、縫合します。もしくは、眉毛の下を切開して余分な皮膚を切り落として縫合する眉下切開法という整形も挙げられます。これはダウンタイムが比較的短く傷痕が目立ちにくいというのがメリットです。この術法は、単にたるみを解消するためにも用いられます。