気になる費用は前もってチェック【二重整形に関する知識】

目に関するコンプレックス

女の人

手術の方法について

二重の整形手術の医療技術は年々向上してきており、それに伴い手術を受ける人も増えてきています。二重整形の費用は、手術の方法によって異なります。メスを使わず、糸を使って行う埋没法の場合は、相場は5〜10万円程度と安い傾向にあります。埋没法は二重にしたいラインの両端、または中央を加えた2点、3点で糸を留めることが多いですが、値段が安い場合は、1点留めのこともありますので、クリニックの概要をしっかりとチェックしておきましょう。まぶたの厚さによって、何点留めが一番適当なのかが変わってきますので、カウンセリングをしっかり受けることも大切です。反対に、切開法と呼ばれるメスを使った方法は、相場が20〜30万円程度と若干高い傾向にあります。まぶたをメスで切開してから縫い合わせて、二重のラインを作るという方法なので、埋没法に比べてよりぱっちりした目にすることが出来ます。また、切開法はまぶたを切開するときに、同時に余分な脂肪を切除することも出来ます。腫れぼったい瞼や重たい瞼に悩んでいる人は、この手術を同時に行うことも多いです。その場合は、追加料金を払わなくてはならないので、相場よりも数万円高くなります。しかし切開法は、一度手術を行ってしまえば効果は永久的に持続しますので、人気の高い手術整形方法の一つでもあります。整形手術の方法を、費用の面で決めるのか、より希望に近い目に出来るような方法で決めるのかは自分次第です。カウンセリングをしっかりと受け、後悔のないように手術を受けることが重要です。二重の整形手術というのは、前述のように埋没法と切開法が主になります。埋没法と切開法の違いの一つは、費用の違いと、ダウンタイムの長さの違いです。埋没法の場合、メスを使わない手術のため、術後の痛みや腫れも少なく、ダウンタイムはおよそ1週間程度と言われています。そのうち2〜3日目がピークで、1週間経てばある程度落ち着くのが普通です。切開法では、まぶたを切って縫っているため、ダウンタイムは4週間程度と長いです。また、術後はズキズキとした痛みや腫れが若干強い場合があります。また、二重が綺麗に定着するのにも時間がかかるため、仕事の長期休暇を取ってから手術を受ける、という人も多いです。さらに、仕上がりの違いがあります。埋没法の場合は、皮膚を皮膚に埋めるような形で手術を行いますので、整形したということがばれにくいという特徴があります。場合によっては奥二重などにすることも出来るので、より自然で控え目な仕上がりになります。切開法の場合は、よりくっきりはっきりした仕上がりになります。そのため、整形した、ということが周りにばれてしまいやすいという特徴もあります。どちらにも様々なメリットがありますので、費用や仕上がりの面を考慮してどちらを選ぶのか決めましょう。またそれらの方法以外にも、目頭切開法や部分切開法などの特殊な手術もあります。医師の説明やクリニックのホームページをチェックし、事前情報は出来るだけ仕入れておくようにすると良いでしょう。自分に合った手術を行い、目のコンプレックスを解消しましょう。