気になる費用は前もってチェック【二重整形に関する知識】

目元

代表的な手術方法

二重整形は、一重以外に奥二重やまぶたのたるみを気にする人も受けています。まぶたの脂肪が多い人は、脂肪等を手術時に取り除ける切開法が向きますが、ダウンタイムが長く費用も高いので、まずは埋没法を行うのも一案です。

女の人

目に関するコンプレックス

二重の整形手術には、主に埋没法と切開法と呼ばれる方法があります。費用は埋没法が5〜10万、切開法が20〜30万程度が一般的です。仕上がりや手術方法は異なり、どちらにもメリットがあるため、自分に合った方法で手術を行うことが大切です。

顔に触れる女性

術後はどう過ごせば良い

二重整形の費用はクリニックごとに違いますが、あまりにも安いところには気をつけます。医師の経験が美容外科と形成外科合わせて8年以上あると安心でしょう。術後は血流が良くなることを避け、できるだけ冷やします。

カウンセリング前の注意点

看護師

知識を入れて望もう

二重整形を受ける前には、カウンセリングが必須です。一生を左右するかもしれない手術なので、美容外科は他の診療科よりもカウンセリングを重視しています。カウンセリングは、電話やネットで予約を入れます。大抵のクリニックでは無料で受けられるので、複数のクリニックで相談することも可能です。初めて整形手術を受ける場合、二重整形後の仕上がりやダウンタイム、費用などの希望をしっかりとドクターに伝えるために、事前に頭の中でシュミレーションしておくといいでしょう。また、ある程度二重整形に関する知識を入れておくと、ドクターとの話がスムーズです。ドクターのアドバイスや提案は重要ですが、それだけを当てにしてしまうと、万が一仕上がりに納得が行かなかった場合に後悔しかねません。埋没法ならやり直しが可能ですが、切開法はそうもいかないので気をつけてください。多くのクリニックでは二重整形の種類や内容、費用などの情報をホームページで公開しているため、カウンセリング前に予習しておきます。手術動画を公開しているところもあるので、不快でなければ見てみるのもいいでしょう。そしてカウンセリング当日は、すっぴんで行くか、来院後にメイクを落とします。素顔の状態でないと、的確な診察が難しいからです。カウンセリング当日に手術を受けるわけでもないですし、必ず手術を受けなくてはいけないわけではないため、緊張することはありません。ドクターを目の前にすると緊張のあまり話せなくなってしまう人もいますが、そうなってしまう可能性が高い人は、質問事項をメモにまとめて持っていきましょう。カウンセリングを受けて、二重整形の術法や費用、注意点などを聞いたら、一度帰って熟考するといいかもしれません。特に切開法の費用はローン払いになることも多いので、支払い計画を立ててから手術の予約を入れるのが安心です。二重整形手術当日は、手術内容の最終確認をしてから処置に入ります。まず、手術を施す部分に麻酔クリームを塗って、局所麻酔注射をします。埋没法の手術は様々な手法がありますが、極細の糸で二重ラインを作り固定するのは同じです。手術時間は、両目合わせても10分程度と素早いです。局所麻酔をしているものの、術中に若干痛みを感じる人もいるので、心の準備は必要かもしれません。処置が終わったら保冷剤を目の上に当てておき、10分ほどしたら帰宅可能です。なお、埋没法は当日に洗顔やシャワーができます。そして、切開法は二重にするヒダの予定線にメスを入れ、人によっては脂肪などを除去して縫合します。かかる時間は30分程度と、こちらも長くはありません。少し長めに冷やしてから帰宅します。術後は腫れたり内出血したりしているので、サングラスや帽子など、顔を隠せるものを持参するといいでしょう。また、迎えの車があれば尚良いです。腫れが治まる頃を見計らって、再診の日時を案内するクリニックが多いです。再診予約日前に何らかの異常を感じたら早めに相談しましょう。近年では考えにくいことですが、過去には術後のトラブルに対応しないというクリニックも存在しました。ですから、クリニックのアフターサポート体制についても事前に調べておくと安心です。